日本サイ科学会会員、関西日本サイ科学会サポーターの皆様へ

関西日本サイ科学会の月例研究集会は2019年5月で437回を超えました。超能力ブームに沸いた1970年代にスタートして、約40年の歳月を経たことになります。時代はすっかり変化しましたが、サイ科学という領域で今日まで続けてこられたのは、先人たちの思いや努力もさることながら、時代のニーズに応えてきたという側面もあるでしょう。デジタル化、少子高齢化、人口減、家族形態の変化といった今日の状況で、わたしたちはどのように生き、暮らしを守ればよいのか-。現在の科学では説明できない現象を探求し、そこから得られる果実を探していくのが、当会の役割ではないかと考えます。これからも皆様方のご支援を、よろしくお願い申し上げます。

関西日本サイ科学会会長 和田高幸

サイ科学とは...

PSI(サイ)は「際」(きわ)

明確に分類できないがさまざまな学問と関連する、いわゆる学際的な領域における不可解な事象、真贋を判別しがたい超自然的で未知の現象についてアプローチするのがサイ科学。未知の現象に対し筋道をたてて本質を探ろうというのがサイ科学会の姿勢です。

有用な情報に耳を傾け、多方面の専門的分野から検討し、仮説を立ててわかりやすく説明することを心掛けています。仕事や生活、生命活動の向上に役立つ情報を共有し、交流することを大切にするのも本会の特徴といえるでしょう。

お知らせ


 コロナ禍の影響を受け研究集会並びに分科会など日程に変更がありご迷惑をおかけしましたが、各催しにつきましては、当ホームページ所定の欄からお申込みくださいますよう、こんごともよろしくお願い申し上げます。

関西日本サイ科学会事務局 


【研究集会の延期について】

変異型コロナウイルスの感染拡大により大阪府に「緊急事態宣言」が発令されました。
外出行動が制限されるため、 5月15日(土)13:30-17:00に予定していた 第458回 関西日本サイ科学会研究集会(北野講師)は、7月17日(土)13:30-17:00に延期することになりました。ご不便をおかけいたしますが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

関西日本サイ科学会事務局 


【分科会の延期について】

変異型コロナウイルスの感染拡大により大阪府に「緊急事態宣言」が発令されました。
外出行動が制限されるため、 4月25日(日)14:00-16:00に予定していた関西日本サイ科学会分科会《人体から探る、軽さ、重さ》講座第1回は、5月23日(日)14:00-16:00に延期することになりましたご不便をおかけいたしますが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

関西日本サイ科学会事務局 


資料・論文

●「低周波治療器」の発明者、政木和三博士による説明書(抜き刷り)を掲載します。

●本会会員K氏より「十字式背骨健康法」の施術所について質問がありました。参考のため、1986年の「現代」12月号に掲載された健康教室の特集記事(コピー)を掲載します。


分科会 R&R「栗本学」(音転言語学)、第7回は4月11日(日)の開催です。
平安時代まで秘されていた「五十音表」は、「五行」と「陰陽」が基本になっており今日の「暦」もこれにもとづいています。「陰陽」の二元は、デジタルにおける「0」「1」に相当するものですが、西洋における「二元論」の破綻は、中継の場(ば)すなわち「間」(ま)の領域がプログラムされた日本人の自立を促進するかもしれません。ごいっしょに、学びましょう。

分科会「(ビル・コックスメモリアル)ダウジング講座・講習会」は、受講者の目的や希望はじめ習熟面での個人差もあり、またコロナ禍による定員制限もあるので今後はオンラインによる講習をメーンとして、適宜オフラインでのスクーリングをおこなうこととしましたので、詳細がきまるまでしばらくお待ちください。
「ダウジング」はターゲット(地下水脈や鉱脈、埋蔵物など遠隔あるいは不可視の目標、放射物質など)の探知に有効で、相性診断や「当てもの」などに用いられることもありますが、ペンジュラム、ワンドやロッド、オーラメーターなどの器具は、音楽の楽器と同様使いこなしが必要です。また、自らの大脳や感覚器官から得られる情報の読みこなしも重要なファクターとなります。オンライン講座では、大脳や感覚器官の鍛錬に主眼をおき、「ダウジング」により、ターゲットの位置や性質など、より科学的で正確な情報が入手できるよう指導する予定です。

●分科会《人体からさぐる、軽さ、重さ」》講座(牧野由季講師、全3回)が開講します。
第1回は4月25日(日)14:00-16:00。会場は「まつむし音楽堂」、参加費は1500円です。「重力」に抗(あがら)うことなく、自然体を取り戻しましょう。


2021/2/1 「バクトロンと精神波」仮説 (政木和三博士による)

米国ユリ・ゲラー氏の来日により「スプーン曲げ」など超能力ブームがおこった1970年代、PS学会(現日本サイ科学会)関西支部(木村六郎支部長)研究集会に毎回参加しておられた政木和三博士(大阪大学工学部工作センター長、当時)による「バクトロン仮説」の青焼きコピーが見つかりましたので掲載します。


2021/1/28

3月に予定していた「癒しのチャイム」~「音」の身体的影響と治療の可能性~ は事情により中止となりました.


2020/11/25

 コロナ禍は、欧米でさらに勢いを増しているようです。日本も例外ではありません。日常生活はもちろん、旅行や飲食、外出行動にも変化の波が押し寄せていますが、これを受けて、
12月20日(日)に予定していた恒例の「関西日本サイ科学会放談会」は中止することになりました。
分科会「栗本学」と「ダウジング研究会」(11/29は実施)も12月は休会となります。

参加を予定していた会員、サポーターの皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、ご了承いただけますようお願い申し上げます。

 


2020/9/10 資料・論文
太陽の黒点活動は、気象のみならず感染症とも関連しているようです。コロナ禍の行く末を判断する材料として、天文学者、桜井邦朋博士の記事(1982)を掲載します。


研究集会の定員は通常30名ですが、新型コロナウイルス蔓延の折、座席は約半数に制限しております。
参加を希望される方は、座席を確保するため、当ウエブサイトからあらかじめお申込みいただけますようお願い申し上げます。


新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的な蔓延による政府の「緊急事態宣言」延長の報を受け、5月23日(土)に予定していた関西日本サイ科学会研究集会(牧野持侑講師)の延期を決定いたしました。期日についてはあらためてご案内させていただきます。ご迷惑をおかけしますが、ご理解、ご了承くださいますようよろしくお願い申し上げます。

令和2年5月4日
関西日本サイ科学会 会長 和田高幸


2020/4/15 「大祓詞」(中臣祓)講義録(日本最終神祇師・片山公壽氏による)を掲載しました。


米ジョンズ・ホプキンス大学の集計によると、新型コロナウイルスの感染者が、世界全体ですでに100万人を超えたということです。死者も5万人を超えるなど、ウイルスは猛威を振るい続けており、長期戦の様相を呈しています。医師や医療従事者の過労や罹患者からの感染リスクも大きく報道されており、現場では医療崩壊の危機も叫ばれています。

さて、関西日本サイ科学会4月18日(土)の研究集会は、中止することになりました。講師は現役医師として責任ある立場にいますが、そのため日々増加するウイルス感染者への対応に追われています。これにより講師が保菌者となることも想定しなければなりませんが、受講者への感染を予防する見地から、今回の研究集会中止の決定に至りました。参加をお申込みいただいた皆様方には深くお詫び申し上げます。高木博士の講演につきましては、あらためて日時を設定して皆様方にお知らせいたしますので、ご高配、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

According to a survey by Johns Hopkins University, people infected with the new coronavirus
That's already over one million people worldwide. More than 50,000 dead,
The virus continues to flourish and is in the shape of a long battle. Doctors and medical
The overwork of workers and the risk of infection from affected individuals have been widely reported.
Crisis of collapse is shouted.

By the way, the research meeting on April 18 (Sat) of the Kansai Japan Rhinoceros Science Association will be canceled.
did. Lecturers are in a responsible position as active physicians, and as a result
We are busy dealing with people infected with ills. This can make the instructor a carrier
It must be assumed, but from the viewpoint of preventing infection to the students, this study
It has been decided to cancel the rally.

We deeply apologize to those who have applied for participation. Dr. Takagi's lecture
We will inform you about the date and time again.
Thank you for your high delivery.

* Workshop "Dowsing" Lecture (Supplementary) 4/19 (Sun.) 12: 00-14: 00, 14: 00-16:00 will be held as scheduled (10 people each time).

Above, until the announcement.

 

令和2年4月4日
関西日本サイ科学会  事務局


新型コロナウイルスによる感染者の増加で国内外に影響が広がっています。14世紀に中国で発症、隊商路を沿(つた)ってヨーロッパに蔓延した腺ペスト(黒死病)では約7500万人の死者が出たといわれていますが、生き残った人は少なくありません。感染あるいは発症して免疫を獲得、その後完治した人も多数含まれているはずです。

日本では毎年10万人以上が肺炎で亡くなっていますが、そのほとんどが通常の風邪やインフルエンザをこじらせたのものだといわれています。したがって、新型コロナウイルスについては、こんごワクチンや薬剤の開発など治療技術の向上により、死亡者数は減少することが予想されます。とはいっても、石鹸による手洗いやうがいの徹底、また日光にあたって適度の運動をするなど、免疫力アップに努め、予防することが求められるのは申すまでもありません。

なお、関西日本サイ科学会の行事につきましては、法的規制がない限り、予定どおり催行します。中止または延期があればHPを通じてお知らせしますのでよろしくお願いいたします。

皆様方のご健勝、ますますのご発展をお祈り申し上げます。

令和2年4月1日
関西日本サイ科学会 会長 和田高幸


令和2年2月末日

新型コロナウイルスの世界的な蔓延により、集会などの中止事例が多数報道されていますが、関西日本サイ科学会の研究集会および分科会につきましては、従来どおり催行する予定ですので、お知らせ申し上げます。

今回の新型ウイルスについては感染経路や変異過程、病変部位など不明瞭な点も少なくありません。皆様方におかれましては、外出後は石鹸を使っての手洗いやウガイの徹底により、感染の予防におつとめ下さいますようお願い申し上げます。

関西日本サイ科学会 事務局


2020/4/2  資料、論文のコラムに、ほぼ十年前の新型インフルエンザ流行の折の新聞記事掲載しました。

研究集会のお知らせ

参加希望者は、開催3日前までに当サイトの「参加予約」フォームでお申込みください。
定員を超えてお断りする場合がありますが、ご容赦くださいますようお願い申し上げます。

今後の予定

日時・開催場所 タイトル・講師
★日程延期
第458回 2021年7月17日(土)
第458回 2021年5月15日(土)
阿倍王子神社 参集殿(2F)
政木「磁気治療器」の現在(いま)
~政木和三(まさき・かずみ)先生(元阪大工学部工作センター長)とのご縁に始まった私の現在~

講師:北野幸治(きたの・こうじ)氏
第459回 2021年6月19日(土)
まつむし音楽堂 2F
『聲』の効用について ~発声のメカニズムと健康~
講師:
文珠敏郎(もんじゅ としお)氏 <医学博士、耳鼻咽喉科音声臨床医>
森本まどか(もりもと まどか)氏 <音声訓練士、ソプラノ歌手>

第459回 関西日本サイ科学会研究集会

『聲』の効用について ~発声のメカニズムと健康~

講師
文珠敏郎(もんじゅ:としお)氏 <医学博士、耳鼻咽喉科音声臨床医>
森本まどか(もりもと・まどか)氏 <音声訓練士、ソプラノ歌手>

第459回 関西日本サイ科学会研究集会
詳しくはPDFをご覧ください。

日時:2021年6月19日(土)13:30開演(13:00開場)~
会場:まつむし音楽堂2F
定員:20名
会費:会員及び同伴の家族¥2,000 非会員¥3,000 学生¥1,000
講師を囲む懇親会(終了後同会場1F)参加費3500円 定員10名

参加のお申込みはこちら

コミュニケーションの原点ともいえる「聲」(声)は千差万別、個性豊かで暮らしや職業と密着しています。人間は音声を鳥の鳴き声から学んだという説もありますが、よい声、わるい声、など発声のメカニズムについて専門医からお話しをうかがいます。健康を保つ秘訣が「声」にあるともいわれていますが・・・音声訓練士による実技指導も予定しています。

第458回 関西日本サイ科学会研究集会

政木「磁気治療器」の現在(いま)
~政木和三(まさき・かずみ)先生(元阪大工学部工作センター長)との
ご縁に始まった私の現在~

講師:北野幸治(きたの・こうじ)氏講師:北野幸治(きたの・こうじ)氏

日 時:2021年5月15日(土)13:30~17:00(13:00開場)
★日程変更

日 時:2021年7月17日(土)13:30~17:00(13:00開場)

会 場:阿倍王子神社 参集殿(2F)
    ・阪堺電車上町線「東天下茶屋」駅下車徒歩5分
    ・大阪メトロ御堂筋線「昭和町」駅から徒歩15分
    ・まつむし音楽堂から阿倍野筋沿いに徒歩10分
会 費:会員及び同伴の家族¥2,000 非会員¥3,000 学生¥1,000
講師を囲む懇親会(17:30~19:30):会場未定 会費3500円 定員15名

参加のお申込みはこちら

 

●関西日本サイ科学会がスタートした1970年代後半から80年代初頭の研究集会では、自動炊飯器や湯沸し器、エレキギターなど数多くの発明品を世に出した政木博士が毎回参加しておられました。発明品の一つとして知られる「超強力神経波磁力線発生器」は3万台を超える大ヒットとなったものの、宣伝文句に効能が謳われたことが法に触れお蔵入りになっていました。

しかし復活を望む声が多く、今回の北野講師が当時の製品そのままに復刻されたのは朗報です。初代発売時から政木博士とともに製造販売に携わった北野講師の実父や鏑射寺の中村和尚のお話しなど、サイ科学会ならではの内容になることが期待されます。

講演内容:

 日本家電の父(生みの親)とも呼ばれていた天才発明家、政木和三先生の元を昭和5年(1930年)生まれの実父が小学校の高学年(5年生)の頃より先生のご実家へ通い始めたのがご縁のはじまりで、実父が平成5年(1993年)に起業独立する際、先生が人生の集大成として発明された「超強力神経波磁力線発生器」製造のお仕事を賜わり、私自身も阪神大震災のあった平成7年(1995年)より合流、当時の林原生物科学研究所内にあった政木研究所の政木先生と先生の奥様とともにその機器の製造販売に従事させていただきました。

 そんななか、平成10年の薬事法改定により、病気が治癒するという類いのパルス波の磁気を発する機器(正弦波の磁気は家庭用磁気治療器として許認可OK)の製造販売が認められなくなり、機器を「Mリング」という名に変更(命名は私)、そして、機器内部をアナログ回路方式よりデジタル回路方式へと変更し、水とお酒が美味しくなる機器という宣伝文句に変え再度製造販売を試みるも、やはり水面下にて病気治癒を謳った裏の宣伝等々が仇となり、政木先生とともに実父も逮捕され、政木先生はご病気発症のため不起訴処分となりましたが、実父は先生の身代わりになるのだ!と薬事法違反の刑に処せられました。

 その後、先生が他界され、実父は過去に3万5千台近く販売された機器の修理対応のみ従事していましたが、2010年に私が脱サラをしたのを機に、政木先生と父親の名誉回復のため、また、ユーザーの方々からのご要望も多く寄せられていたので機器の復活を決意しました。

 自己紹介にあります通り、政木先生のかつてのお仲間の方々からの有り難きご協力もあり、ブログやYouTubeの運営を含め機器の復活を目指して起業しました。

 その後、実父が2019年7月1日に他界しましたが、様々な出来事による必然の流れにより、この2021年3月頃より本家本元であるアナログ回路式復刻版磁力線発生器を復活させるに至っています。様々な表沙汰に出来ない不思議な現象や体験はもとより、人生の学び等々を現在のお師匠様である煎茶道黄檗賣茶流(おうばくばいさりゅう)中澤弘幸先代御家元や保江邦夫先生より親く賜わっている昨今ですので、その旨、政木先生、鏑射寺の中村公隆先生、現在のお師匠様、保江先生等々、諸先生方のお教えや現段階・現時点で私が総合的に学び感じ実践してきた宇宙の法則について皆様へお伝え、ご紹介出来れば幸いに存じます。(講師記)

 

講師のプロフィール

北野幸治(きたの・こうじ)氏

1967年大阪府豊中市に生まれる。政木和三先生(元大阪大学工学部工作センター長)の著書に記されたお教えを2013年3月頃よりアメーバーブログへ日々一日も欠かさず無償で掲載を継続しています。 私の軸となる根本の仕事は、政木和三先生が発明された「超強力神経波磁力線発生器」の製造販売(完全アナログ復活版)です。2014年に鏑射寺(かぶらいじ)の中村公隆先生より『2015年の春先から、日本が世界の雛形として始動する』という御言葉を頂戴したのを機に、今の私のお師匠様(煎茶道黄檗賣茶流中澤弘幸先代家元)と出逢い、そのお仲間内(門下)のおひとりである保江邦夫(やすえ・くにお)先生との出会いにより現在に至っています。 日本が世界の雛形となるべく、世のため人々のために、微力ながらそのお手伝いに携わらせていただければ幸い、と現在のお師匠様の下で日々学ばせていただいています。

「PSI(サイ)実験室」分科会のお知らせ

月例の研究集会における事案についてさらに深く掘り下げ一般化するため、2018年10月から「PSI実験室」として分科会がスタートしました。 従来の科学的手法を踏襲しつつも、その枠組、範疇で分類、分析、測定できない現象について知見を深め、サイ科学的方法論を見出すべく活動するのが目的です。ホストは川村副会長がつとめます。

会場は、まつむし音楽堂
当日ご来場くだされば、予約なしでも参加していただけますが、準備の都合で「参加予約」フォームを設けています。
ご都合によりキャンセルされる場合もご連絡は不要です。お気軽にご参加ください。

6月

《人体からさぐる、軽さ、重さ》講座(全3回)
第2回 「骨盤と重心軸」~股関節との関係性~

講師:牧野 由季 氏(東洋医学臨床家、鍼灸師)

日 時:6月27日(日)14:00-16:00 
会 場:まつむし音楽堂 2F  阪堺電車「松虫駅」下車すぐ、大阪メトロ谷町線「阿倍野」駅から徒歩10分
参加費:1500円
定 員:8名 *当日は動きやすい服装でおいでください。

【持参していただくもの】 バスタオル(ワーク時の敷物として利用します)、筆記用具 。

★下のボタンをクリックしてお申込みください。

参加のお申込みはこちら

 

「日本人の起源明らかなり」カバー
クリックするとPDFを表示します。

●私たちは、身体が重いと感じる時には、体重の実測値の増減とは関係なく重さを感じます。これは地球の引力の影響だともいわれていますが、実は、引力によって「反重力」という身体を持ち上げてくれるエネルギーが生まれています。

 したがって、自分自身の重心軸を知り、地球に乗せてやるだけで、からだを軽くすることができるのです。この講座では脊椎と骨格に焦点を当て、簡単なワークを通してご自身の重心軸を探っていただきます。

 人間は、部分的なパーツだけで動くのではなく、爪先から頭のてっぺんに至るまで連動しながらバランスを取って動いています。講座は分かりやすく三回に分けて、優しく丁寧に身体の連動とバランスについてお伝えいたします。三回通して参加されると、より深くご自身の重心軸の取り方について理解していただけるでしょう。

 身体が軽いと心も軽く、ご機嫌になれます。地球の引力と仲良くなって、身も心も軽やかに過ごしましょう。皆様方のご参加をお待ちしています。


【こんごの予定】
第3回 7/25(日)14:00-16:00 「首はこんなに動く」 ~首の力を抜くことができない現代人、首が緩めば全身が緩む~

(会場はいずれも「まつむし音楽堂」2F・Aスタジオ、06-6624-0559)

7月

「栗本学」(音転言語学)最終回

講師:難波 双六(なんば・すごろく=言霊予知術宗家)

日 時:7月11日(日)14:00-16:00(13:30開場)
会 場:まつむし音楽堂 2F  阪堺電車「松虫駅」下車すぐ、大阪メトロ谷町線「阿倍野」駅から徒歩10分
参加費:1500円
定 員:10名

参加のお申込みはこちら

「日本人の起源明らかなり」カバー
クリックすると拡大表示します。

 五十音表に整理された日本語の本質は「音」であり、いわゆる「言霊(ことだま)」として伝承されてきたものですが、「音転原理」により地名や人名を読み解き、根源に遡ることができます。すでに太古、わが国に残る最も古い祝詞(のりと)と伝承される石上神宮のヒフミ祝詞には9種類の数字(ヒーフーミーヨー・・)と百(もも)、千(ち)、万(よろず)といった「0」の単位が表現されています。本講座では、「言霊」「数霊」の原理と読解のテクニックについても公開します。

「古事記の暗号書を解読」「日本人の起源明らかなり」などの著者、栗本栄春氏(-2010)は戦時中、広島で通信兵として暗号解読に従事。戦後は、「古事記」に秘められた日本人のルーツと民族移動の道筋を明らかにしています。ルーツ(起源)を知れば未来への備えも可能。ぜひ、ご参加ください。

▲TOP