まつむし音楽堂通信

<バックナンバー>

2019年夏号

2019年初夏号

2019年平成最終号

2019年春号

2019年新年号

2018年師走号

2018年晩秋号

2018年秋号

2018年初秋号

2018年残暑号

2018年盛夏号

2018年夏号

2018年初夏号(續)

2018年初夏号

2018年春号(續)

2018年春号

2018年おひがん号

2018年節分号

2018年新春号

2017年歳末号

2017年晩秋号

2017年秋号

2017年初秋号

2017年残暑号

2017年盛夏号

2017年初夏号

2017年GW号

2017年おひがん号

2017年節分号

2016年冬号

2016年晩秋号

2016年秋号

2016年初秋号

2016年残暑号

2016年盛夏号

2016年夏号

2016年さつき号

2016年春号

2016年立春号

2016年新春号

2015年冬号

2015年晩秋号

2015年中秋号

2015年秋号

2015年残暑号

2015年盛夏号

2015年夏号

2015年さつき号

2015年春号

2015年立春号

2015年新春号

2014年歳末号

2014年晩秋号

2014年秋号

2014年残暑号

2014年夏号

2014年初夏号

2014年春号

2014年立春号

2014年新春号

2013年冬号

2013年晩秋号

2013年秋号

2013年初秋号

2013年夏号

2013年初夏号

2013年4月-5月号

2013年2月-3月号

2012年12月-1月号

2012年10-11月号

2012年8-9月号

2012年6-7月号

 2019年 盛夏号

 

●いわゆる「団塊の世代」は、高齢社会においても大きな人口構成比を占めています。高度経済成長期に学齢期を過ごし、国民共通の媒体として話題を提供するラジオやテレビの生番組を積極的に視聴した世代、進学競争の波にもまれ狭き門となった大学のキャンパスでヘルメットを被った世代。さて、その子弟となる「団塊ジュニア」たちが、今や社会の中核となったのです。

●「団塊」は「泣いてくれるな、おっかさん」(1968年の東大闘争)と親子関係を断罪しましたが、「団塊ジュニア」たちも同じように、親世代に残る「昭和ノスタルジー」の残滓を「コンプライアンス(法令遵守)違反」と断罪するのでしょうか。過去を悪しきものとして断罪し、慢心の自我を肯定するのは人の常かもしれません。

●年金財源の枯渇と若者たちへの負担増、すっかり定着してしまったデフレ経済が「就職氷河期難民」といわれる「団塊ジュニア」世代を憤怒させています。高度成長期やバブル経済を体験しなかった「ジュニア」たちのヤッカミが、「団塊」を攻撃するのは必然でしょう。「お前たちだけいい思いをして、それでいいのか」と。

●世界が、それを構成する国々が自己主張する時代となりました。時代は、大きく転換しています。アナログからデジタルへ、情報の共有より個人情報の拡散へ。こんな時代の流れに、高齢化した「団塊」はうまく乗れるのでしょうか。人生の終末期に入ったとはいえ、競争社会を生き延びた「団塊」たちは、仲間を押しのけても「自己主張」を通すでしょう。もしそれが通らなくても、「勝手にしろ」と居直るにちがいありません。

●高齢社会では、それを構成する高齢者同士、あるいは若者や異性との摩擦が起こることも配慮しなければなりません。そのために、音楽や芸能、学術など各方面で、高齢者たちの「星」となる「アイドル」の出現が待たれる(つまりオモシロイものを探している)のですが―。

(和田高幸)

※ PDFファイルをご覧いただくには、最新のAdobe Readerが必要です。 下のボタンをクリックして、無料ダウンロードできます。

Adobe Readerのダウンロードページへ

▲Top