まつむし音楽堂通信

<バックナンバー>

2019年春号

2019年新年号

2018年師走号

2018年晩秋号

2018年秋号

2018年初秋号

2018年残暑号

2018年盛夏号

2018年夏号

2018年初夏号(續)

2018年初夏号

2018年春号(續)

2018年春号

2018年おひがん号

2018年節分号

2018年新春号

2017年歳末号

2017年晩秋号

2017年秋号

2017年初秋号

2017年残暑号

2017年盛夏号

2017年初夏号

2017年GW号

2017年おひがん号

2017年節分号

2016年冬号

2016年晩秋号

2016年秋号

2016年初秋号

2016年残暑号

2016年盛夏号

2016年夏号

2016年さつき号

2016年春号

2016年立春号

2016年新春号

2015年冬号

2015年晩秋号

2015年中秋号

2015年秋号

2015年残暑号

2015年盛夏号

2015年夏号

2015年さつき号

2015年春号

2015年立春号

2015年新春号

2014年歳末号

2014年晩秋号

2014年秋号

2014年残暑号

2014年夏号

2014年初夏号

2014年春号

2014年立春号

2014年新春号

2013年冬号

2013年晩秋号

2013年秋号

2013年初秋号

2013年夏号

2013年初夏号

2013年4月-5月号

2013年2月-3月号

2012年12月-1月号

2012年10-11月号

2012年8-9月号

2012年6-7月号

 2019年 平成最終号

 

●5月1日に「平成」から「令和」へと、元号が変わります。REIWAの「R」は、日本語の発音上「L」との区別が難しく、当初ラジオの声が「HEIWA」とか「EIWA」に聞こえましたが、いまでは正しくREIWAと聞こえます。日がたてば、しだいになじんでくるのでしょうね。

●改元には通常「刷新」の意味が込められますが、紙幣のデザインも変わるとか。平成時代は約30年。戦前、戦中、戦後と区分される昭和時代の半分ほどでしょうか。30年といえば、時代の柱となる世代が交代します。価値観や社会通念も変化しますから、待ったなしの超高齢社会においては大きな比重を占める「団塊世代」、これが令和時代にうまく適応できるのか、ちょっと心配ですが。

●とまれ、皇室を国家の頂点にいただく日本であればこそ、混沌とした近未来の世界をリードする機会に、かならずや恵まれることでしょう。
さて、平成最終となる「まつむし音楽堂通信」には、旧き懐かしい写真を掲載することにしました。高度経済成長期の1973年頃、筆者の留学先であった西豪州パースに皇太子ご夫妻(当時)がお見えになったときの写真です。ご高覧のほどを―。

西豪州パース 皇太子ご夫妻1
西豪州パース 皇太子ご夫妻2
西豪州パース 皇太子ご夫妻3
西豪州パース 皇太子ご夫妻4
西豪州パース 皇太子ご夫妻5
西豪州パース 皇太子ご夫妻6
西豪州パース 皇太子ご夫妻7

(和田高幸)

※ PDFファイルをご覧いただくには、最新のAdobe Readerが必要です。 下のボタンをクリックして、無料ダウンロードできます。

Adobe Readerのダウンロードページへ

▲Top