まつむし音楽堂通信

<バックナンバー>

2019年初秋号

2019年残暑号

2019年盛夏号

2019年夏号

2019年初夏号

2019年平成最終号

2019年春号

2019年新年号

2018年師走号

2018年晩秋号

2018年秋号

2018年初秋号

2018年残暑号

2018年盛夏号

2018年夏号

2018年初夏号(續)

2018年初夏号

2018年春号(續)

2018年春号

2018年おひがん号

2018年節分号

2018年新春号

2017年歳末号

2017年晩秋号

2017年秋号

2017年初秋号

2017年残暑号

2017年盛夏号

2017年初夏号

2017年GW号

2017年おひがん号

2017年節分号

2016年冬号

2016年晩秋号

2016年秋号

2016年初秋号

2016年残暑号

2016年盛夏号

2016年夏号

2016年さつき号

2016年春号

2016年立春号

2016年新春号

2015年冬号

2015年晩秋号

2015年中秋号

2015年秋号

2015年残暑号

2015年盛夏号

2015年夏号

2015年さつき号

2015年春号

2015年立春号

2015年新春号

2014年歳末号

2014年晩秋号

2014年秋号

2014年残暑号

2014年夏号

2014年初夏号

2014年春号

2014年立春号

2014年新春号

2013年冬号

2013年晩秋号

2013年秋号

2013年初秋号

2013年夏号

2013年初夏号

2013年4月-5月号

2013年2月-3月号

2012年12月-1月号

2012年10-11月号

2012年8-9月号

2012年6-7月号

 2019年 秋号

 

●「人恋(こ)うる秋」となりました。これからは同窓会や、すこし早いけど忘年会など、会合が増える時期ではないでしょうか。卒業して学校から離れ、退職して会社を離れた人たちが、時間をトリップして大いに語り合ったり、また人生の来し方を振り返る絶好の機会となるでしょう。

●入学と卒業、就職と退職、結婚と離婚、誕生と死・・人生には二面性があるようです。そんな人生の原動力となっているのは「時間」にほかなりません。予測できる時間があれば、予測できない時間もありますが、時間に「追われ」ていると感じている人が多いのも現実です。

●「星と花、
  精神と衣よ、
  愛と苦悩と、
  時間(とき)と永遠と―」
(ラーゲルクヴィスト著「バラバ」より。暗記したまま)

●この時期、来年の「暦」やカレンダーが書店の店頭に並びます。一年が経つのは早いものです。私事ですが、加齢とともに「曜日」の観念が薄れてきました。つまり「毎日が日曜日」(一説に「サンデー毎日」)というわけですが、休日の少ない勤め人には「禁句」となりましょう。

●ならば、人生を形づくる原動力(エネルギー)となる「時間」を超越すれば、人は自由になれるのでしょうか。「玉手箱」の悲劇もあろうかと思いますが、疑問は次々と生まれてきます。「人生とは何か」という問いかけ。これに答えるべく「来し方」を振り返る、これも「秋」の過ごし方の一つといえるかもしれません。

(和田高幸)

※ PDFファイルをご覧いただくには、最新のAdobe Readerが必要です。 下のボタンをクリックして、無料ダウンロードできます。

Adobe Readerのダウンロードページへ

▲Top