まつむし音楽堂通信

<バックナンバー>

2019年平成最終号

2019年春号

2019年新年号

2018年師走号

2018年晩秋号

2018年秋号

2018年初秋号

2018年残暑号

2018年盛夏号

2018年夏号

2018年初夏号(續)

2018年初夏号

2018年春号(續)

2018年春号

2018年おひがん号

2018年節分号

2018年新春号

2017年歳末号

2017年晩秋号

2017年秋号

2017年初秋号

2017年残暑号

2017年盛夏号

2017年初夏号

2017年GW号

2017年おひがん号

2017年節分号

2016年冬号

2016年晩秋号

2016年秋号

2016年初秋号

2016年残暑号

2016年盛夏号

2016年夏号

2016年さつき号

2016年春号

2016年立春号

2016年新春号

2015年冬号

2015年晩秋号

2015年中秋号

2015年秋号

2015年残暑号

2015年盛夏号

2015年夏号

2015年さつき号

2015年春号

2015年立春号

2015年新春号

2014年歳末号

2014年晩秋号

2014年秋号

2014年残暑号

2014年夏号

2014年初夏号

2014年春号

2014年立春号

2014年新春号

2013年冬号

2013年晩秋号

2013年秋号

2013年初秋号

2013年夏号

2013年初夏号

2013年4月-5月号

2013年2月-3月号

2012年12月-1月号

2012年10-11月号

2012年8-9月号

2012年6-7月号

 2019年 初夏号

 

●通信衛星や観測機器の性能がきっと向上したのでしょう。NHKでは天気予報の放送時間が増えたような気がします。「暑い」「寒い」、「いい天気」「いやな雨」、とか気象や気候の話題は「挨拶代り」で概ね無難です。しかし気温が平年より高くなるから「熱中症に気をつけろ」とか、雨が降るから「傘をもて」とか言われても、暑いのが好き、雨が好き、という人にはかえって「鬱陶しい」ことでしょう。

●人間関係や利害がともなう場合など、「逆らう」のがいやで多数派に同調する人がいるかもしれません。一人ひとりの「個性」を尊重し、集団や組織との「摩擦」や「葛藤」を超越するには優れた「監督」が必要でしょうが、多数派を率いるのもけっして容易とはいえないでしょう。

●時代の流れはデジタルへ、さらにエアー(無線)へと突き進んでいますが、これをサポートする技術の一つが「5G」。たしかに「便利」な世の中が実現しつつあるわけです。しかし、便利さの追求だけでは、人間の感覚器官は満足しないのではないでしょうか。

●かつて一世を風靡したオーディオの名門「オンキョー」が、主力の音響事業を外資に売却したのが5月(令和元年)。携帯型音楽プレーヤーやスマートフォンの普及により据え置き型のオーディオ機器が売れなくなったからですが、売却先は米国の「サウンド・ユナイテッド」社。「DENON」や「MARANTZ」などの高級ブランドをもっています。海外ではイヤホンでなく、据え置き型のラウドスピーカーで音楽を聴くファン層も少なくないということでしょうか。

●オーディオマニアが嗜好するのは、「生」(原音)の世界です。「生」は「自然」と言い換えてもいいでしょう。ならば、据え置き型のオーディオ機器が「自然」な音に近いということになりますね。筆者は難聴を避けるため、イヤホンで音楽を聴くことはありませんが、ラウドスピーカーでは、聴き手によって音の良しあしが分かるようです。ちょっと贅沢といえば、たしかにそのとおりかもしれません。音楽とは、そういうものなんですね―。

(和田高幸)

※ PDFファイルをご覧いただくには、最新のAdobe Readerが必要です。 下のボタンをクリックして、無料ダウンロードできます。

Adobe Readerのダウンロードページへ

▲Top